loveneko.jpg

2007年03月20日

『空の中』(有川浩)


有川 浩 / メディアワークス(2004/10/30)
Amazonランキング:7691位
Amazonおすすめ度:
間違いを引き受けていく
爽快
思わず空を見上げて探してしまうほどの。




200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」―秘密を探す大人たち。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か。“電撃”が切り開く新境地。第10回電撃小説大賞大賞受賞作家・有川浩待望の第2作。




高度2万の遥か上空に、遥か太古から存在していた未確認の知的生物がいた・・・
突飛な設定は有川さんのお得意です。
そして、べた甘な恋愛が絡むのも楽しいお約束♪

突然の航空機事故で父を亡くした少女と少年は、共にその辛さから原因となった【白鯨】に対して歪んだ関わりを持ってしまう。

取り返しがつかない道を突き進む二人が痛々しくて、そして、示された破滅への道を無邪気に信じている【白鯨】からはぐれてしまった<フェイク>がいじらしくてちょっと辛かったです。

願わくば、<フェイク>が安らかで幸せであります様に・・・
posted by 読書猫 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【有川浩】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

『ハケンの品格2』希望!!

終わっちゃいました〜
あっと言う間だったな〜

最終回の終わり方は、予告で東海林主任が子会社へ飛ばされるってのを知った時に想像(希望?)していた通りでした。

あの終わり方だと、続編制作可能ですよね?

日テレさん!


是非是非、続編をお願いしたい!!



『働くことは生きること。』

いい言葉ですよね。
仕事してると嫌なことも多くて投げ出したくなる時もあるけど、この言葉を思い出すと少し背筋を伸ばして前向きになれるかも・・・
お気楽パート社員の私でもあせあせ(飛び散る汗)
posted by 読書猫 at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 大泉洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

『図書館危機』(有川浩)


有川 浩 / メディアワークス(2007/02)
Amazonランキング:1116位
Amazonおすすめ度:
「床屋」が「放送禁止用語」???
ドキドキ感が少し下がったか?
自由を守れ




有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?そこで郁を待ち受けていたものは!?終始喧嘩腰でシリーズ第3弾、またまた推参。



相変わらず面白い♪
でも、ちょっとベタ甘度が物足りなかったかな〜
と思うのは、私が慣れてきたのか!?
『〜戦争』の頃は、照れつつニヤケつつ読んでたけど、今回はそうでもなかったな。

有川さんの作品を読むと、よく新たな発見に当たります。
今回も、<床屋>が現実でも放送禁止用語に入ってるなんてオドロキです。

以前絶版となってて最近復刊された『ちびくろサンボ』とかを思うと、差別って微妙だと思います。
現在では一般的に愛着を持って呼ばれる呼称が、その言葉の起源に差別的な意味合いがあったからといって、果たして禁止することがいいことなのかと・・・
忘れ去られている過去を蒸し返して過剰に反応し、保護しようとする行為は、逆に差別していることになるんじゃないかと考えたりします。
子供の頃、ボロボロになるまで何度も何度も繰り返し読んで、あのホットケーキが食べたいと願った『ちびくろサンボ』が廃刊になってると知った時、とても悲しく残念で納得がいかない思いだったのを、ふと思い出しました。


さて、嵌りまくった<図書館シリーズ>もあと1作品でラストとのこと。
関東図書隊のメンバーに会えなくなるのは寂しいので、早く続きが読みたい様な、読みたくない様な・・・複雑な心境だったりします。

でも、やっぱり早く読みたいな、と。
posted by 読書猫 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【有川浩】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

『モノレールねこ』(加納朋子)


加納 朋子 / 文藝春秋(2006/11)
Amazonランキング:13857位
Amazonおすすめ度:
どのお話が一番かな
あたたかな筆致の、(非?)日常の短編集。
心温まる!何度でも読み返したい!




時をこえて届くあの頃からの贈りもの。儚いけれど、揺るぎない―「家族」という絆。デブねこの赤い首輪にはさんだ手紙がつなぐ、ぼくとタカキの友情(「モノレールねこ」)。夫を待つ時間に取り組んだ白いパズルの中に、犬の気配が(「パズルの中の犬」)。家族をいっぺんに失った中学生の私と、ダメ叔父さんの二人暮らし(「マイ・フーリッシュ・アンクル」)。私と偽装結婚したミノさんは、死んだ婚約者がそばにいると信じていた(「シンデレラのお城」)。ロクデナシのクソオヤジに苦しめられてきた俺に、新しい家族ができた(「ポトスの樹」)。会社で、学校で、悩みを抱えた家族の姿を見守るザリガニの俺(「バルタン最期の日」)。




優しく、ちょっと切ない短編集でした。
全体的に、ふとしたきっかけで忘れていた過去の記憶が蘇る物語が多かったです。

最後の『バルタン最後の日』が一番好きかな。
ザリガニが語りを担当しているので、最初は滑稽な印象でしたが、ラストではちょっとグッと来ました。
posted by 読書猫 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【その他の作家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

『塩の街―wish on my precious』 (有川浩)


有川 浩 / メディアワークス(2004/02)
Amazonランキング:7324位
Amazonおすすめ度:
この本がきっかけで
ライトノベルに非ず
明日は約束されていないのに




塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。男の名は秋庭、少女の名は真奈。静かに暮らす二人の前を、さまざまな人々が行き過ぎる。あるときは穏やかに、あるときは烈しく、あるときは浅ましく。それを見送りながら、二人の中で何かが変わり始めていた。そして―「世界とか、救ってみたいと思わない?」。そそのかすように囁く男が、二人に運命を連れてくる。第10回電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞作。圧倒的な筆力で贈るSFラブ・ファンタジー。




電撃文庫ってことで、侮ってました。
すみませんm(_ _)m

面白かった〜
一気読みしちゃったわw

いつ死んでも不思議じゃない、そんな世界を舞台にした恋愛と一発逆転の作戦遂行。
ありがちな設定だけど、のめり込んで一気に読まされるのはやっぱり有川さんの力でしょう。
最後まで気持ち良く読めました。

いや〜、秋庭二尉・・・かっこいいな・・・
posted by 読書猫 at 22:26| Comment(6) | TrackBack(4) | 読書感想【有川浩】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。