loveneko.jpg

2006年07月12日

『異国の迷路』(坂東 眞砂子)


坂東 眞砂子 / JTBパブリッシング(2006/04)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



ニューヨーク、フィレンツェ、東南アジアなど、華やかな異国の地を舞台に、運命の悪戯から恐怖の迷路に閉じ込められ、出られなくなってしまった男女が織りなす12の悪夢を描いています。いずれも著者自らが旅をした国の先々でインスピレーションを得て書き上げたもので、坂東眞砂子の原点ともいうべき作品です。



映画にもなった『死国』の著者の方だったんですね。
で、どうやら本格的に小説家デビューする前に旅行雑誌『るるぶ』に連載していた作品みたいです。
ジャンル的にはショート・ホラー。


サクッと読める短いストーリーでゾクッとさせてもらいました。
この季節に読んだのは正解だったかな〜
暑い季節の息抜き読書にピッタリって感じの短編集でした。
怖いの好きだから、機会があれば他の作品も読んでみたいな〜
タグ:坂東眞砂子
posted by 読書猫 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【その他の作家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

『パーフェクト・プラン』(柳原慧)


柳原 慧 / 宝島社(2004/01)
Amazonランキング:239,339位
Amazonおすすめ度:
若干の物足りなさ。
プロのレベルにない。
アイデア、ストーリーが凄い



代理母で生計を立てている小田桐良江は、かつて出産した子供、三輪俊成が母親・咲子に虐待されていることを知り、発作的に俊成を三輪家から連れ出してしまう。そのことを知ったかつての愛人・田代幸司と兄貴分でアングラ・カジノの店長・赤星サトルは張龍生に事態の収拾を委ねる。龍生は、悪夢のような仕手戦に破れた株屋。そんな龍生がとてつもない誘拐計画を思いつく。龍生の父のボケ老人・泰生も加わり、風変わりだが結束の固いチームが前代未聞の計画をスタートさせる。ネット・トレーディング、ハッカー、代理母、胎児細胞、瞬間像記憶…今日的アイテムをふんだんに盛り込んだノンストップ誘拐ミステリー。第2回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。




あ〜面白かった。
一気に読んじゃった。
ネットで検索すると、深みがないとか未熟な点を指摘している人が多いみたいだけど、読みやすくって私は好きだな〜
ストーリー展開が面白くて、次が気になってやめられない止まらないexclamationでした。

思うに、深みを持たせようとすると、そのために結構な文字数を使うことになる。
するとスピーディーな話にひっかかりが出来てサクッと読めなくなる。
著者は
マンガみたいな小説が書けないかな。展開が早く、するする読めて、途中でやめられなくなるような。そんな思いで取り組んだのが『パーフェクト・プラン』です。

と言ってるので、この作品はこれでいいのではないかと、そう思います。
小説に深みを持たせ、かつ、スピーディーさを感じさせるのはかなりの力量が必要なんじゃないかな〜


とにかく、次が気になって一気に読まされる小説でした。
でも、最後はちょっとしんみりさせられたな〜
posted by 読書猫 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(2) | 読書感想【その他の作家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

『銀のエンゼル 出会えない5枚目を探して』   (鈴井貴之)

DVDではなく、小説です。念のため・・・


今朝、娘を送り出した後、1時間半程で一気読みしてしまいました。
面白かったですわw
ミスターも書いてるけど、<北島家の行く末>、私も見てみたい。
なんてことない、どこにでもある日常だからこそ、なんかイイ。


<読書猫の感想>を読む
posted by 読書猫 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【その他の作家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

2005年07月06日

『姉妹−Two Sisters』(吉村達也)



実はわりとホラー好きです。
視覚に飛び込んでくるスプラッタなものは苦手ですが、雰囲気や心理的なものでゾクゾクさせてくれるものは、小説でも映画でも好きです。

で、ブログには初めて書くけど、<吉村達也>は好きな作家さんの一人です。
以前読んだ中で記憶に残っているのは、



『姉妹−Two Sisters』は、去年の春に図書館に予約を入れていたのですが、先日やっと読むことが出来ました。

<読書猫の感想>を読む
posted by 読書猫 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【その他の作家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。