loveneko.jpg

2007年01月05日

『ナイチンゲールの沈黙』(海堂尊)


海堂 尊 / 宝島社
Amazonランキング:2398位
Amazonおすすめ度:
登場人物がとにかく魅力!!!
SF小説.
読んでいて恥ずかしい




東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。




巷では『チームバチスタ〜』と比較され、結構厳しい書評が多い様ですが、それなりに面白く読めました。
思うに『チームバチスタ〜』のインパクトが強かったんだな〜・・・と。

私としての不満は<白鳥>の登場が遅かったこと。
そこまでの前振りをちょっと長く感じました。
<田口&白鳥>をキャラとした連作なら、もっと早く登場させて欲しかった。
ま、私が気に入ってる登場人物がなかなか出てこなくてヤキモキしちゃったってだけなんですが・・・
<白鳥>の天敵として<加納>が登場したのは面白かった。
あの<白鳥>にも苦手なものが存在するなんてちょっとビックリです。

【歌】の効用は非現実的だとは思いますが、ミステリーは必ず実現可能でなきゃいけない!とは思わないので私的には許容範囲。

取り合えず、3作目の『螺鈿迷宮』は図書館に予約済み。
早く読みたいな〜っと。
posted by 読書猫 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【海堂尊】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

『チーム・バチスタの栄光』(海堂尊)


海堂 尊 /

宝島社
Amazonランキング:16635位
Amazonおすすめ度:
小説としてならお勧め、ミステリーを期待すると裏切られる。
人を見る目鋭さがある
”人物観察”に成功した秀作




東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成功率100%を誇り、その勇名を轟かせている。ところが、3例立て続けに術中死が発生。原因不明の術中死と、メディアの注目を集める手術が重なる事態に危機感を抱いた病院長・高階は、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口公平に内部調査を依頼しようと動いていた。壊滅寸前の大学病院の現状。医療現場の危機的状況。そしてチーム・バチスタ・メンバーの相克と因縁。医療過誤か、殺人か。遺体は何を語るのか…。栄光のチーム・バチスタの裏側に隠されたもう一つの顔とは。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。




読みやすく、面白かった。
なによりキャラクターが気に入りました。
主人公の田口と途中から強烈なインパクトで登場する白鳥が忘れられません。
白鳥は、登場してから終盤近くまで、その失礼さ傍若無人さに呆れつつ読んでいたのですが、終盤になると印象が変わり、読了してみればまた会いたいキャラと化していました。

医療現場での術死を解き明かすミステリーなので、難解な医療用語が飛び交いますが、度々クスリと笑わせられる会話の軽妙さとキャラの面白さでストレス無く読み進めることが出来ました。

病院を舞台に展開するミステリーって面白い。
田口と白鳥のコンビにまた会いたいと思ってたら、2作目も彼らのお話の様ですね。
嬉しいです。
でも、彼らがメインで医療現場のミステリーとなると、やはり東城大学医学部付属病院が舞台なんでしょうか?
そんなに事件が続発する病院には掛かりたくないな・・・なんてね。
posted by 読書猫 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書感想【海堂尊】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。