loveneko.jpg

2005年03月26日

『チルドレン』(伊坂 幸太郎)

たった今読み終わりました。





短編の集まりかと思いきや、
最後に<正体がばれない様に人を殴る方法>の種明かしがされて、

なるほど〜面白い!!

と、うなりつつ爽快な気分で読み終わることが出来ました。

非常識が服を着て歩いている様な、とんでもないけど魅力的な<陣内>と、これまた魅力的な脇役達が<陣内>にツッコミをいれつつ彼に巻き込まれていきます。
嫌だ嫌だと非常識で強引な<陣内>に呆れつつも、なぜか自ら足を突っ込んでいる様な感じです。
きっと、それだけ<陣内>に訳のわからない強烈な魅力があるのでしょう。

やっぱり伊坂幸太郎の作品はいいです。
大好きです。
登場人物がとても魅力的で生きてます。
今までに読んだ中でも、私的には1〜2を争う読後の爽快感でした。

1〜2を争うもう一つの伊坂作品は



これも最高に楽しい作品でした。
まるでエンターテイメントなギャング映画でも見た様な、読み終わった後、楽しくて楽しくて、でも、もう読み終わってしまったことが残念でしかたない様な、複雑な気分になりました。

彼らをもっと見たい!知りたい!

2作品共、そんな気分にさせられる作品です。

ちなみに、『チルドレン』の冒頭に出てくる、関東地方で最近起きている<頬にビニールテープ>を貼った銀行強盗っていうのは、『陽気なギャングが地球を回す』の彼らでしょう。
伊坂作品ならではの、<街中で知り合いに出くわす>ちょっとだけ得した気分になれる仕掛けですね。
posted by 読書猫 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(4) | 読書感想【伊坂幸太郎】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂幸太郎
Excerpt: 「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂幸太郎  お薦め度:☆☆☆☆ 2006年4月25日読了 
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-04-30 11:32

「チルドレン」伊坂幸太郎
Excerpt: チルドレン発売元: 講談社価格: ¥ 1,575発売日: 2004/05/21売上ランキング: 1,042おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/04/13 ..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2006-06-01 18:11

チルドレン 伊坂幸太郎
Excerpt: チルドレン ■やぎっちょ評価コメント いやー参りました。凄い本だ、これは。何か普通の展開であるにもかかわらず、シンプルなストーリー構成であるにもかかわらず、時には折り目を入れたくなる自己啓発書..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-07-14 23:53

伊坂幸太郎「チルドレン」の陣内が。陣内が。
Excerpt: 伊坂幸太郎が おもしろい。 「チルドレン」伊坂幸太郎 短編で「イン」だけを読んだという 伊坂幸太郎を、一冊読んでみた。 章ごとに 主人公がかわって 過去と未来が行き来する。 ..
Weblog: 末っ子長女にしえみのイラスト日記
Tracked: 2007-02-18 13:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。