loveneko.jpg

2007年04月21日

『東京タワー』鑑賞

学童役員会議から帰宅して、遅い晩御飯を食べながら見ました。


本編はTVを録画したものを何度も見ているので、特典ディスクから鑑賞〜るんるん
きっと、オンエア前の番宣と一緒だろうなと思って見たんですが、まあ、ほぼ一緒と言えばそうなんですが、未公開の場面も結構あって楽しめました。



特典ディスクのラスト、クランクアップで涙を堪える洋さんにがっつり感情移入・・・
本当に、大変だったもんね〜
お疲れ様です。



特典ディスクを見た後、やっぱり本編も見ちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)
やっぱりいいな〜
生でHONOR(大阪千秋楽)を見て、やっぱり洋さんは舞台の人だと、舞台が一番映えるなと実感したんですけど、『東京タワー』で見せてくれた力の抜けた演技は本当に良かったです。
監督に「演技をしなければしない程いい」と言われたと言っていましたけど、普段の洋さんは口から生まれたんじゃないかってくらいおしゃべりで明るいんだから、あれはやっぱり俳優<大泉洋>なんだと思う。
ただ、舞台で見せる演技とは違う、力の抜けた自然体の演技が監督さんの心に残ったんじゃないのかな〜
舞台は舞台で見せてくれるものね。

どっちの大泉洋も大好きです。
もちろん、どうでしょうやおにぎりなんかで見せてくれるバラエティの大泉洋も大好き。
どれが欠けてもつまらないかな〜
色んな顔を見せてくれてこその大泉洋、なんだよな〜

どうでしょうしか知らなかったら、ここまで大泉洋に嵌らなかったと思う。
きっと、どうでしょうは好きだけどそこで止まったかな・・・
それが、藤やんとうれしーがR14なんか作って俳優大泉洋を見せたりするから〜
「あれ?大泉洋ってこんな面もあるんだ・・・」
なんて興味がわいちゃったんですよね。

とどめを刺してくれたのは友人が貸してくれたLOOSERのDVD。
これですっかり大泉洋に嵌って抜け出せなくなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)


バラエティの顔と俳優の顔・・・
このギャップがたまらないexclamation
posted by 読書猫 at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 大泉洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。(*^-^*)
東京タワーのDVDご覧になったのですね。
まだ見ていないので羨ましいです。
買おうか、それともレンタルしようかと
悩んでいるところです。
テレビに俳優として出る洋ちゃんと
NACSの舞台で出る洋ちゃん、
テレビだと何故かハラハラしながら見てしまい
舞台の洋ちゃんのほうがどっぷりはまれます。

今日はようやく「UDON」を借りてきました。
リーダーの活躍楽しみです♪
Posted by ろびん at 2007年04月24日 15:52
>ろびんさん
こんにちは♪
確かに、TVの洋ちゃんを見る時は少しハラハラしますね〜(^-^)
でも、東京タワーに関しては安心して見れた様な気がします。
抑えた演技だったからかな?

UDONは映画館まで見に行ったんですよ。
あまり期待してなかったのに、ちょっと涙腺がやばかったです。
で、DVDを買おうかどうか悩んだんですが、その他の出費が多くて今のところ我慢しています。

そうそう、ケン・○○○○さんのストラップ!
私も付けてますよ〜♪
Posted by 読書猫 at 2007年04月24日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。