loveneko.jpg

2007年04月14日

『フィッシュストーリー』(伊坂幸太郎)


伊坂 幸太郎 / 新潮社(2007/01/30)
Amazonランキング:17911位
Amazonおすすめ度:
今読み終えました
んっと...
どこかBESTアルバムのような感じ




あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで、小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。




「あ〜伊坂さんらしいな〜」と、その構成のうまさと読後感の良さを味わえたのは、表題作の<フィッシュストーリー>です。
誰かのちょっとした行為が、他の誰かにちょっとした影響を与え、巡り巡って以外な結末に辿りつく・・・
その結末が、なんとも洒落ててあったかいんですよね〜
私の中の<伊坂ツボ>をポチッと押されちゃいました。

正直、他の短編にはあまりそそられなくて、それが読むのに時間が掛かっちゃった原因でもあるんです。
でも、<フィッシュストーリー>で帳消し!
満足させて頂きました♪


ところで、<黒澤>には伊坂作品の様々な所で出くわす様な気がしますが、もしや伊坂さんのお気に入りなのでしょうか?
posted by 読書猫 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【伊坂幸太郎】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38660637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。