loveneko.jpg

2007年03月20日

『空の中』(有川浩)


有川 浩 / メディアワークス(2004/10/30)
Amazonランキング:7691位
Amazonおすすめ度:
間違いを引き受けていく
爽快
思わず空を見上げて探してしまうほどの。




200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」―秘密を探す大人たち。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か。“電撃”が切り開く新境地。第10回電撃小説大賞大賞受賞作家・有川浩待望の第2作。




高度2万の遥か上空に、遥か太古から存在していた未確認の知的生物がいた・・・
突飛な設定は有川さんのお得意です。
そして、べた甘な恋愛が絡むのも楽しいお約束♪

突然の航空機事故で父を亡くした少女と少年は、共にその辛さから原因となった【白鯨】に対して歪んだ関わりを持ってしまう。

取り返しがつかない道を突き進む二人が痛々しくて、そして、示された破滅への道を無邪気に信じている【白鯨】からはぐれてしまった<フェイク>がいじらしくてちょっと辛かったです。

願わくば、<フェイク>が安らかで幸せであります様に・・・
ラベル:有川浩 空の中
posted by 読書猫 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【有川浩】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。