loveneko.jpg

2007年02月25日

『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』 (リリー・フランキー)


リリー・フランキー / 扶桑社(2005/06/28)
Amazonランキング:435位
Amazonおすすめ度:
正直で素敵な親子愛
たわいもない日常の中で家族に心が動く瞬間
淡々と語る・・・




それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。この話は、かつて、それを目指すために上京したオトンと、ボクと、オカンのちいさな話です。



スペシャルドラマを見てかなり間を空けてから、原作をやっと読むことが出来ました。
やはり、ドラマではかなりはしょられているし、原作には無いエピソードやタイミング違いで出てくるエピソード等、違いは多々ありました。
ただ、ドラマを見てかなり時間が経っているからか、その事に違和感を感じるという程では無く、ドラマはドラマ、原作は原作として読むことが出来ました。
ただ、ドラマを見てるせいで、気付けばオカンは田中裕子さん、オトンは蟹江敬三さんを思い浮かべつつ読んでいました。
ボクに関しては、りりーさんをTVでよく見ているせいでリリーさん本人が浮かんでいました。


やっぱり泣かされてしまいました。
途中までは、泣かずに読み終わるかと思っていたんですが、無理でした。
ボクは親孝行出来なかったと思っているみたいですけど、私は、オカンはきっと幸せだったんじゃないかなと思ったんです。
だから、泣かずに済むかと思ったんですけど、終盤は何度もハンカチのお世話になってしまいました。

親が子供を思う気持ち、子供が親を思う気持ち、それがとてもダイレクトに伝わって来て、素直に読むことが出来ました。

父親不在で母と子の関係が濃密過ぎて、思春期に差し掛かったボクはオカンの傍を離れざるをえなかったんでしょう。
高校からすっかり大人になってしまうまで、離れ離れの上、留年や家賃滞納、借金と、確かに沢山の苦労を掛けているけれど、オカンはそれを苦労とは思っていなかったと思う。

息子しか頼れる人のいない東京へ出てきてからのオカンは、オカンの人柄故に沢山の友人を作り、何より、今まで長い間離れ離れだった最愛の息子が傍に居て、その世話が出来ることが幸せだったんじゃないかと、そう思います。
オカンもボクも、東京での7年間で離れ離れの時間を埋めていた様に感じました。



<その時>が近づき、「逝かないで」と切望する子供の気持ちと、<その時>までずっと子供のことを心配する親の気持ちに何度も胸が詰まってしまいました。


オカンに育ててもろうたことを、ボクは誇りに思うとるよ。


これが、オカンに対する最高の感謝の気持ちだと思いました。
息子にそう思って貰えたことが、きっと一番嬉しいと。
ラベル:東京タワー
posted by 読書猫 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【その他の作家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。