loveneko.jpg

2007年01月17日

『おまけのこ』(畠中恵)


畠中 恵 / 新潮社
Amazonランキング:4372位
Amazonおすすめ度:
鳴家
第五話が感動的です。
ちいさいおはなし




摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。親友・栄吉との大喧嘩あり、「屏風のぞき」の人生相談あり、小さな一太郎の大冒険ありと、今回も面白さてんこ盛り。お待ちかね、大好評「しゃばけ」シリーズ第四弾!身体は弱いが知恵に溢れる若だんなと、頼れるわりにちょっとトボケた妖たちの愉快な人情妖怪推理帖。



今作も満足るんるん
「こわい」では妖仲間や仏様からさえ忌み嫌われる狐者異(こわい)の境遇に哀しさを感じ、「畳紙(たとうがみ)」では屏風のぞきの意外な優しさを知り、「動く影」は小さな若旦那と栄吉の友情が微笑ましく、「おまけのこ」では鳴家と若旦那の絆に心があったかくなりました。

なんと言っても印象に残ったのは、「動く影」のちっこい若旦那と「おまけのこ」の鳴家だな〜

や〜、鳴家、我が家にも欲しい・・・
posted by 読書猫 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【畠中恵】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31554047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。