loveneko.jpg

2007年01月05日

『ナイチンゲールの沈黙』(海堂尊)


海堂 尊 / 宝島社
Amazonランキング:2398位
Amazonおすすめ度:
登場人物がとにかく魅力!!!
SF小説.
読んでいて恥ずかしい




東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。




巷では『チームバチスタ〜』と比較され、結構厳しい書評が多い様ですが、それなりに面白く読めました。
思うに『チームバチスタ〜』のインパクトが強かったんだな〜・・・と。

私としての不満は<白鳥>の登場が遅かったこと。
そこまでの前振りをちょっと長く感じました。
<田口&白鳥>をキャラとした連作なら、もっと早く登場させて欲しかった。
ま、私が気に入ってる登場人物がなかなか出てこなくてヤキモキしちゃったってだけなんですが・・・
<白鳥>の天敵として<加納>が登場したのは面白かった。
あの<白鳥>にも苦手なものが存在するなんてちょっとビックリです。

【歌】の効用は非現実的だとは思いますが、ミステリーは必ず実現可能でなきゃいけない!とは思わないので私的には許容範囲。

取り合えず、3作目の『螺鈿迷宮』は図書館に予約済み。
早く読みたいな〜っと。
posted by 読書猫 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想【海堂尊】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30843531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。