loveneko.jpg

2006年11月23日

『あやしうらめしあなかなし』 (浅田次郎)


浅田 次郎 / 双葉社
Amazonランキング:59451位
Amazonおすすめ度:
大人のホラー
うまいなあ。
お勧めの短編集です




日本特有の神秘的で幻妖な世界で、生者と死者が邂逅するとき、静かに起こる優しい奇蹟。此岸と彼岸を彷徨うものたちの哀しみと幸いを描く極上の奇譚集。名手が紡ぐ、懐かしくも怖ろしい物語。



タイトル通り、あやしくて悲しい物語が収められていました。
物語は、明治から現代まで様々ですが、どの物語も根底に日本的な神話の世界の様な雰囲気を感じました。
人間の持つ弱さ、情の深さ、悲しさ、そんなものが散りばめられた淡々と語られる静かな奇譚集。


うまく表現出来ないけど、大人の御伽噺という感じ。
ちょっと寒くなってきたこの時期に読んだのは、いいタイミングだった様に思いました。

浅田次郎さんの作品は読んだことがありませんでしたが、ジャンルが幅広い作家さんだなと思っていました。
上品で素敵な物語を作り上げる作家さんなんですね。
posted by 読書猫 at 14:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書感想【その他の作家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
先ほどはブログにコメントをありがとうございました。
長いようで短い間だったブログ生活、本当にお世話になりました。

ネット生活は今後も続けていきますので、読書猫さんのブログを通じて仲良くしていただけたらと思っています。
よろしくお願いいたします。

この作品、本屋さんで見かけてとても気になっていました。浅田さんの作品はあたたかさがありますよね。読書猫さんのブログを読み、本屋さんへ直行しようと思っています!読むのが楽しみです。

今までありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ろびん at 2006年12月06日 17:53
>ろびんさん
コメント、ありがとうございます。
今後もろびんさんのネットライフにちょこちょことお邪魔させて頂けたら嬉しいです。
こちらこそ、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m
Posted by 読書猫 at 2006年12月06日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28107405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。