loveneko.jpg

2006年10月31日

『晴れときどき猫背』(村山由佳)


村山 由佳 / 集英社
Amazonランキング:47,318位
Amazonおすすめ度:
いのちって素晴らしい
田舎暮らしエッセイ
いのちと本能




人生あみだくじ。鴨川の生活に迷いこんできた猫と生きものたちが暮らしを変えた。辛い時には雨の日の猫のように背中をまるめてやり過ごそう。時間はたっぷり。嬉しいことはちゃんとやってくる。



笑わされ、そして泣かされました。
人気作家、村山由佳さんの、猫満載のエッセイです。
筋金入りの猫嫌いである旦那様が、デレデレのセクハラ猫好きに変身する様子がとても微笑ましかったです。
自然の中で、初めてのことにあたふたしながらも小さい命と心を通わせていく村山家はとても素敵だと思いました。

そして、動物は逞しい。
母猫の愛は厳しく、そして限りなく優しい。
そう感じ、涙を堪えることが出来ませんでした。


自然の中で動物達に囲まれる心地いい生活を得る為、村山家は前進し続けている様です。
もう夢は実現した頃なんでしょうか?


座右の銘は『人生あみだくじ』、そして『晴れときどき猫背』
夢を実現する為の行動力に脱帽です。


猫好きならば読むべし!
posted by 読書猫 at 00:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書感想【その他の作家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり涙涙でしたかぁ〜。
読書猫さんは家族があって猫も飼っていて、よけいに感情移入できたんでしょうね。あちきは、そこまではこなかったかなぁ。。でも、ぴったりハマって良かったです!
たしか2001年くらいの本だったと思うんですが、だとしたらもう引越しは住んでますよねぇ。都会でこんなに映画の宣伝されてる人が片田舎で農作業しているなんて、なんだかギャップです。。
Posted by やぎっちょ at 2006年10月31日 12:08
>やぎっちょさん
紹介して下さったやぎっちょさんに感謝です。
まさかエッセイで泣かされるとは思いませんでした〜
まだ村山由佳さんの小説は読んでないですが、近いうちに必ず読みたいです。
Posted by 読書猫 at 2006年10月31日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26488880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

晴れときどき猫背 村山由佳
Excerpt: 晴れときどき猫背―seabreeze from kamogawa〈2〉 この本は、 「Crescent Moon」のRayさん に教えていただきました。 ありがとうございました。 ■..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-10-31 12:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。