loveneko.jpg

2006年06月16日

『陽気なギャングの日常と襲撃』(伊坂幸太郎)


伊坂 幸太郎 / 祥伝社(2006/05)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:




人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。




読後のテンションは前回程ではありませんでしたが、楽しく読めました。
<陽気な〜>は単純に娯楽作品として楽しめるから息抜きにピッタリかも。
時々でいいから続編を出版してくれたらうれしいかな〜
伊坂さんもカバー裏のコメントで仰ってます、
「四人の銀行強盗たちがまた、下らない会話をし、銀行を襲い、トラブルに首を突っ込んでいます。前作以上に、現実離れした内容になりましたが、細かいことは気にせずに楽しんでいただければ幸いです。」

・・・ってるんるん


相変わらずの4人が、相変わらずの毎日を過ごしているのが嬉しくなってしまいました。
もうこれは好きな芸能人を見てる気分に似てるかも?

ただ、今回の本は1〜4章に分かれていて、中でも1章は4編に分かれてそれぞれ成瀬・響野・雪子・久遠が個人的に首を突っ込んだお話が語られています。
このあたりで私は、面白いんだけど何か物足りないって感じていたんです。
この物足りなさは何だろう?って。
2章以降に入ってからはグッとテンポが上がって楽しくなってきました。
うんうん、この感じってね。
あ〜面白かった・・・って、伊坂さんの<あとがき>を読んで物足りなさの原因が解決exclamation

伊坂さん曰く・・・
「今回の続編は当初、四人の銀行強盗を中心に、毎回主人公を変え、短編の作品を書いてみよう、ということではじまり、全部で八つほど『小説NON』(祥伝社出版)に掲載する予定でした。ただ、四つほど掲載していただいたあたりで不意に、単純に八つの短編を並べることに疑問を抱きはじめてしまいました。この銀行強盗たちは四人でわいわいがやがやと喋りながら、騒動に巻き込まれていくのが本領の気がしますし、そのためには短いお話の中では限界があるように思ったからです。」

・・・exclamationうんうん、そうなのよ〜exclamation×2

そうか、私の物足りなさはそこだったのね〜
伊坂さん自身も何か違うって思ったんだ。
ずっと四人でやってって欲しいですよ。
いや、やってる事は銀行強盗なんですけどねあせあせ(飛び散る汗)
四人それぞれに日常があるのも承知してますよ。
でも、読者には四人の掛け合いを見せて欲しいな〜、これからも・・・
・・・と、さりげなく続編を願ってみたりして。


読んでて笑った場面を一つ・・・

ターゲットに盗聴器を仕掛けるのを成瀬と久遠が響野に押し付けようとし、響野が田中(前作から出てる成瀬たちに便利グッズを提供する怪しげな人)に頼めばいいと嫌がるシーンで、
「ためしに響野さんがやってみればいいって」
「久遠、おまえ、何を無責任な」
「田中に頼んでもいいんだが、田中の機嫌次第では、時間がかかるかもしれない。それにいつも田中の情報や道具に頼っていると、
またか、と思われるかもしれない」と成瀬が眉を上げる。
「誰に思われるんだ!」響野は思わず声を高くしてしまう。
「俺たちの作業は、全部田中任せで、田中がいれば何でもできるんじゃないか、と見透かされるかもしれない」
「だから、誰にだ!」

・・・それは多分、<読者>ですね、伊坂さん?
posted by 読書猫 at 13:34| Comment(3) | TrackBack(7) | 読書感想【伊坂幸太郎】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。TB&コメントありがとうございました!!
このシリーズはぜひとも次回作を期待したいですね!

ブログの左下にリンクを貼らせていただきましたが、よろしかったですか?もし、不都合などあればおっしゃってくださいね。

それから、読書好きなブロガーさんにオススメの本を聞いてみたりしているのですが、読書猫さんこれが好きだなーというものがあれば教えてくださいね★
Posted by やぎっちょ at 2006年06月16日 15:46
>やぎっちょさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
リンクまでして頂いてありがとうございます。全然、不都合なんてありません。私の方でも、<お気に入りブログ>に追加させて頂きますので、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

オススメ本ですか〜
やぎっちょさん程の読書量がないのでおこがましいですけど、また思い付いたらコメントを入れさせて頂きますね♪
Posted by 読書猫 at 2006年06月17日 08:21
はーい。ありがとうございます♪
Posted by やぎっちょ at 2006年06月18日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃 ■やぎっちょ評価コメント 映画「陽気なギャングが地球を回す」を見た帰り、ブック1stでこの本を発見&購入。 ブロガーさんたちのコメントを見ていると、映画は小説を忠実に..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-06-16 15:37

「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃発売元: 祥伝社価格: ¥ 880発売日: 2006/05売上ランキング: 528posted with Socialtunes at 2006/06/28 さて、小島..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2006-07-05 00:37

「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎
Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃 「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎 四人の銀行強盗、人間嘘発見器・成瀬、演説の達人・響野、 天才スリ・久遠、正確な体内時計の持ち主・雪子。 ..
Weblog: わたしの見た(モノ)
Tracked: 2006-07-09 21:50

読書:陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂 幸太郎)
Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂 幸太郎) 「えっと恐怖新聞です」 「陽気なギャングが地球を回す」の続編です。 第一章はギャングたちがそれぞれ事件に遭遇、第二章へ続く伏線が仕込ま..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2006-08-16 14:46

伊坂幸太郎【陽気なギャングの日常と襲撃】
Excerpt: 面白いよ。うん。面白い。 ミステリーなのでネタバレもしたくないけど、ざっくり言っちゃえば、誘拐事件が起こる。 で、どういうわけか、成瀬・響野・久遠・雪子のギャング4人組が事件を解決しなきゃ..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-08-28 10:21

「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃伊坂 幸太郎 (2006/05)祥伝社 この商品の詳細を見る いつもはメモをしながら読むのですが、この本は純粋に読書に集中。 陽気なギャングは、やっぱいいっすね! この..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-04-06 17:06

伊坂幸太郎 「陽気なギャングの日常と襲撃」
Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃 人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打され..
Weblog: Mystery blog
Tracked: 2008-11-30 10:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。