loveneko.jpg

2006年06月09日

『チョコレートコスモス』(恩田陸)


恩田 陸 / 毎日新聞社(2006/03/15)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二度と引き返せない。」
幼い時から舞台に立ち、多大な人気と評価を手にしている若きベテラン・東響子は、奇妙な焦りと予感に揺れていた。伝説の映画プロデューサー・芹澤泰次郎が芝居を手がける。近々大々的なオーディションが行われるらしい。そんな噂を耳にしたからだった。同じ頃、旗揚げもしていない無名の学生劇団に、ひとりの少女が入団した。舞台経験などひとつもない彼女だったが、その天才的な演技は、次第に周囲を圧倒してゆく。稀代のストーリーテラー・恩田陸が描く、めくるめく情熱のドラマ。演じる者だけが見ることのできるおそるべき世界が、いま目前にあらわれる!




う〜ん、ネタは<ガラスの仮面>exclamation
いや、<ガラスの仮面>を詳しくは知らないけど、この設定はそうだろう。
暫く読み進めると、そう断言せざるを得ないストーリーです。

芸能一家に生まれ、才能と美貌と環境に恵まれ、幼い頃から当たり前の様に芝居の世界で過ごして来た<東響子>と、大学に入って初めて芝居の世界に足を踏み入れた<佐々木飛鳥>が舞台の先にあるものを見つけるまでが描かれています。

<ガラスの仮面>のパクリじゃないか。
そう思われる方も多いとは思いますが、私は最後まで続きが気になって止められない位、集中して読んでしまいました。

う〜ん、面白かったexclamation×2
理屈抜きで楽しめたお話でした。
恩田さんの文章力の成せる技なんでしょう、舞台のシーンなんて目に浮かぶ様で引き込まれてしまいました。
物凄い臨場感でした。
私もその舞台を客席から見ている様な気持ちで読んでいました。


物語は、二人が<何か>を見つける所で終わっています。
でも、続きを見てみたいです。
彼女達がどこへ向かい、何を得るのか・・・
舞台<チョコレートコスモス>で何が起きるのかを見届けたいです。
posted by 読書猫 at 17:40| Comment(3) | TrackBack(4) | 読書感想【恩田陸】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうちびらびが、抜きが集中するつもりだった?
Posted by BlogPetのちびらび at 2006年06月14日 12:09
読書猫さん
こんばんは。
ガラスの仮面、読んだことがないのでよくわからないのですが、どうやらモチーフにしたようですよ。
それから連載本になるようです。今後の展開が楽しみですね!
Posted by やぎっちょ at 2006年06月26日 03:01
>やぎっちょさん
こんにちは♪
連載されるなんて楽しみです〜
嬉しい情報をありがとうございます。
それにしても、よくこんなに次から次へと書けるものだと・・・
恩田さんは、今我が家が取ってる新聞にも連載されてるんですよ。
凄いな〜・・・
Posted by 読書猫 at 2006年06月26日 12:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チョコレートコスモス 恩田陸
Excerpt: チョコレートコスモス ■やぎっちょ評価コメント 陸ちゃん本のイメージって、読む本の順番に影響されるのでしょうか??なにしろ、最初に読んだのが「ライオンハート」だったのでSFファンタジー&ラブロマン..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-06-26 02:53

『チョコレートコスモス』 恩田陸
Excerpt: 「チョコレートコスモス」なんて、 かわいらしいタイトルとは裏腹な。 そこには、激しい女たちの闘いが!(笑) 書けなくて苦しんでいる脚本家。 突拍子もないことを言い出す演出家。 はみ出..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-06-26 18:01

恩田陸【チョコレートコスモス】
Excerpt: 森山良子のアルバム【あなたが好きで】に収録されている『30年を2時間半で……』という曲をご存じだろうか? あなたが好きで森山良子 (2004/12/29)ドリーミュージックこの商品の詳細を..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-10-06 10:52

妄想キャスティング――恩田陸【チョコレートコスモス】
Excerpt: この本を読んでいて、ヒロイン「佐々木飛鳥」を演じる宮崎あおいのイメージが頭に浮かんでずっと消えなかった。 ぱんどらの妄想キャスティング、主役の「佐々木飛鳥」は宮崎あおいに決定。 ..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-10-07 10:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。