loveneko.jpg

2006年02月10日

『魔王』(伊坂幸太郎)


伊坂 幸太郎 / 講談社(2005/10/20)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:
「魔王」の存在にたった一人気付く少年を待つものは・・・
変化した伊坂ワールド
気づいてしまった者が抱く恐怖



相変わらず伊坂さんの本に出てくる登場人物は魅力的です。
今回の主人公である<安藤兄弟>も、弟の彼女の詩織ちゃんも、
うまく言葉では表現できないけど、とてもいい感じです。

出てくる題材は、[憲法改正] [中国との天然ガス問題] [アメリカとの外交問題] などなど・・・
まさに今日本が抱える政治的な問題。
そして、それを解決するとワンマンな手腕を発揮する若手政治家。
<安藤(兄)>はファシズム的指導力を持つその政治家に大衆がなびいていくことにキケンを感じ、大きな流れを止めようと対決します。

う〜ん、どうなんだろう?
確かに煮え切らない政治家じゃなくて、はっきりとした意思を持って外交も国内の政治も進めてくれる政治家がいれば・・・とは思う。
でも、それが加速して行くとファシズムになっちゃうんだろうか。
お馬鹿なもんで、政治なんか良くわからないからな〜バッド(下向き矢印)
でも、もう少しはっきりと意見が言える政治家がいればな・・・とは、いつも思うんだよな〜・・・

とまぁ、扱う題材は難しくって何が正しいのかを考え始めると頭がウニになっちゃいますけど、<安藤兄弟>の会話と雰囲気は素敵です。

私も今度から、ゴ○ブリのことは<ごきげんよう、おひさしぶり><せせらぎ>と呼ぼうるんるん
ラベル:伊坂幸太郎 魔王
posted by 読書猫 at 00:27| Comment(3) | TrackBack(1) | 読書感想【伊坂幸太郎】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちびらびたちが、題材とかを意思したかった。


Posted by BlogPetのちびらび at 2006年02月21日 09:08
ちなみに私はム○デに事を「妖精」と呼んでますよ。フルネームを口にするのも嫌なんですもの。
そして!お誕生日おめでとうございますぅ。
ビバ!○歳!
Posted by 猫おやぶん at 2006年02月22日 22:14
>猫おやぶんさん
嫌ですよね〜「妖精さん」!!
その呼び名は我が家でも使用させて頂いてますw

そして・・・
めでたく【TEAM40】入り致しました!!
年齢は気合でカバーしつつ、今年もどうでしょうと洋ちゃん三昧でいきマッスル〜w
Posted by 読書猫 at 2006年02月22日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「魔王」伊坂幸太郎
Excerpt: 魔王発売元: 講談社価格: ¥ 1,300発売日: 2005/10/20おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/05/26 例えば、私は伊坂幸太郎の本を読んで..
Weblog: 本を読む女。改訂版
Tracked: 2006-06-01 18:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。